2018.10.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2018.02.01 Thursday

ボリショイ・バレエを映画館で観る楽しみ

 

チャイコの翻訳書の印税報告をエージェントにするために、

次の本を作る傍ら、新年明けからずっと帳簿とにらめっこしていた。

紙の本は書店、amazon、バレエショップで売っていただき、

電子書籍はkindleオンリーでやっているが、

作品によって半年毎、一年毎と集計期間が異なり、

取次経由で書店に配本されてるのが市中在庫になっていたり、

注文が来たかと思うと、返品がごそっと来たりしているので、

何が何だかわからなくて、嫌になって、デスクを離れ、

録画してある洋画を観ては現実逃避していた日もあったが、

漸く報告を済ませたら、2018年は早1ヵ月が終わり、

もう2月になっていたという次第。

 

それでも1月はレッスンにはよく出かけたし、

映画館でバレエ映画も観た。モーリス・ベジャール・バレエ団

×東京バレエ団の『ダンシング・ベートーベン』

K-BALLET COMPANYの『クレオパトラ』

ボリショイ・バレエ団の『じゃじゃ馬ならし』

同じくボリショイの『椿姫』

ついでに、ロングランしていたトルコ映画『猫が教えてくれたこと』も観た。

イスタンブールの街で逞しく生きる猫ちゃんたちの可愛いかったこと!

 

『猫が教えてくれたこと』を観た恵比寿ガーデンシネマのロビーに掛かっていた、

出演猫デュマンのポートレイト。美食家で、お腹がすくと、高級レストランの窓を前足で叩く。

 

これまで観たバレエ映画といえばパリ・オペラ座や

英国ロイヤル・バレエ団のものが多かったが、

昨年からボリショイが頑張っていて、これがなかなか見応えがある。

ロングショット、クローズアップ、様々な角度から舞台公演が撮影され、

それがセンスよく編集されたものを大スクリーンで鑑賞するのだから、

変な話、なまの舞台よりも楽しめる点が多い。

ダンサーの顔の表情、衣装のディテール、

振りやポアントワークの細かな動きもよくわかる。

 

本番前の舞台でダンサーたちが振り確認などをしているのをバックに、

ロシア語、フランス語、英語が堪能な早口の女性司会者カーチャ・ノヴィコワが、

トライリンガルで立て板に水を流すように作品解説をし、

振付家やダンサーなどへのインタビューもこなすシーンは気が利いている。

 

『じゃじゃ馬ならし』は、ご存じシェイクスピアのドタバタ喜劇が原作で、

モンテカルロ・バレエ団の芸術監督・振付家のジャン­=クリストフ・マイヨーが、

ショスタコーヴィチの音楽を使ってボリショイのために振付した作品。

スピーディーかつスリリングでアクロバティックなダンサーたちの踊りが凄い!

衣装は現代的で、パリのファッションショーを見ているよう。

 

『椿姫』の原作はアレクサンドル・デュマ・フィスの悲恋純愛小説で、

振付はハンブルグ・バレエ団の芸術監督のジョン・ノイマイヤー、

ショパンの甘い、切ない、耳慣れた美しい調べが終始舞台に流れる。

高級娼婦マルグリットは日本でも大人気のスヴェトラーナ・ザハーロワ、

恋するブルジョワ青年アルマンにはノイマイヤーが自分のバレエ団から

連れて来たお気に入りのエドウィン・レヴァツォフ。

ちなみにこの2月にはハンブルグ・バレエ団の来日公演があり、

2,3,4日に『椿姫』が上演される。

 

好き好きではあるが、バレエを映画館で観るのは楽しい。

前列のお客の頭に邪魔されることもないし、

最前列の席でもポアントが切れることはない。

し、か、もチケットは3000円台。

舞台のS席なら20,000円を超えることもある由。

売店で買ったコーヒーやアイスクリームをいただきながら、

気楽にゆったりマイウエイで鑑賞できる。

 

『椿姫』を観たTOHOシネマズ新宿の売店で買ったBEN&JERRY'Sのチョコレートファッジ

ブラウニーのアイスクリーム。アメリカのバーモント州から輸入されていて、

表参道ヒルズにもショップがある。チョコがすごく濃厚で、私好みのリッチテイスト。

 

3月のボリショイ映画は『ジゼル』を観ることにしている。

作品としては見飽きているジゼルをあえて映画でも観るのは、

あのセルゲイ・ポルーニンがアルブレヒトを踊るからだ。

薬物、入れ墨と物議を醸した“バッドボーイ”、

英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルの座を電撃的に投げ捨て

退団したセンセーショナルな天才ダンサー、ポルーニンは

ボリショイに招かれてザハーロワと踊ることは、おそらくもうないだろう。

映画は201510月の収録だから、彼がロイヤルを離れた後、

ロシアで試行錯誤しながら今後の生き方を模索していた頃のものだ。

そんな過ぎ去りし日の彼に会えるのも、映画ならでは、なのである。

 


2018.01.03 Wednesday

「黒鳥のパ・ド・ドゥ」WSに思うこと

 

山の家のベランダから眺めた初日の出@07:00

 

2018年、戌年の日本はなんとか平和裡に元旦を迎えた。

三箇日は読書とTV映画三昧、そしてちょっとだけ仕事、

合間に昨年の出来事を振り返って過ごした。

昨年最悪だったのは、サンフランシスコに慰安婦像が建ったこと──

青春の数年を過ごし、第二の故郷ともいうべき街なのに、

思い出の日々を土足で踏みにじられた。もう行かない!

 

最良は、バレエについてだが、「黒鳥のパ・ド・ドゥ」の

ワークショップを受け、最後までやり通したことだ。

新横浜の「スタジオ・マーティ」(こちら→)主催のWSで、

10月に一回、11月に二回、12月に二回、計五回を土曜夜に受講。

講師は元NBAバレエ団プリンシパル同士の泊陽平さんと田澤祥子さんで、

お二人が在団中は公演を観ていたこともあり、これはなんとも贅沢な! 

すごく難しいけど、無謀にも参加したのだった。

 

Youtubeには様々な見本があり(こちら→)(こちら→)予習はできるが、

先生によるオリジナル振付になっているので、

学習&記憶障害の傾向があるこの身にはハードルが超高い。

でも一緒に受講したバレエ友だちに助けられ、教えてもらい、

さらに、生れて初めて格安レンタルスタジオで自主練を重ね、

四回目には何とか振りが入ったので、五回目のファイナルクラスで

無事、通しを二回やり遂げることができた。

 

クラス内容はスタジオと先生方の企業秘密になるので

SNSなどでの詳細説明は無論ご法度。

動画アップも著作権・肖像権の侵害になるので禁じられている。

このブログを書くにあたり、スタジオに問い合わせたところ、

自分だけの姿が映った静止画像はOKということなので、

賑やかしに、パ・ド・ドゥの楽しさを知っていただくためにも、

恥晒しではありますが、あえてここに掲載する次第。

 

(左)黒鳥オディールが王子から後ずさる(右)でも思い直してシェネで王子にアプローチ

 

振りが体に入ると、次は感情表現や性格描写もしたくなり、

自主練では、王子をたぶらかす、陰険かつ狡猾なオディールを目指した。

ある人から、「ボリショイ版には黒鳥がフクロウの娘という設定のもある」

と教えられ、それが琴線に触れたので、アタシはいけずなフクロウ・プリンセス、

お父様は夜のキング・オブ・フクロウなのよ、と成り切り演技を楽しんだ。

 

(右端から)フクロウ姫でも王子に愛されたい → 純情可憐が売りの白鳥オデットごときに彼を

 とられたくない でもそんな心の内は見せたくない だからある線まで来たら逃げちゃうアタシ

 

先生は厳しく、優しく、辛抱強く、真剣に、指導してくださった。

「とにかく、振りを早く、きちんと覚えなさい」と何度も言われた。

人見知りする私は当初コチコチだったけど、ラストクラスでは

気持ち的にも先生とコミュニケーションができていた(と思う)。

早く駆け寄り過ぎて「なんだか早く来たね」と小声で言われたら、

「う〜ん、そうなんです」と返し、

両腕サポートされてのストゥニュ後、右脚を素早くアチチュードして

キープするのを忘れ、何だっけとフリーズしていたところ、

「アチチュード、アチチュード」と耳元で囁いてくださったので、

「ここ、いつも忘れます」と呟き返す──なんだろう、この明るい余裕。

 

 (左から)またまた逃げるアタシ → でもやっぱり仲良くしてね、と戻ってきて再誘惑 

 

上記ご紹介のYoutubeはボリショイのプリンシパルたちの演技で、

あんな180度開脚ハイジャンプ、高速回転、ディープパンシェは無理だけど、

とにかくパ・ド・ドゥは、振りが入り、パートナーと目と体で

意思疎通できるようになると醍醐味がわかってくる。

 

しかしながら、泊・田澤両先生のWSは限定5名の二時間クラスで希望者が多い。

あまり書くと申込がさらに増え、倍率が高くなり、

自分が次回受けられなくなる恐れがあるので、ここで擱筆といたします。

 

3日朝、窓の外を見たら、なんと美しい雪景色!

 

 

 


2017.12.14 Thursday

映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ

 

ロシアが自国の芸術・文化を海外へ発信することに力を入れている。

「ロシアシーズンズ(ロシアの季節)」と銘打ったプロジェクトを立ち上げ、

日本がその第一回目の開催国になった。無論、これは昨年12月に行われた

二国間首脳会議にて、安倍首相とプーチン大統領が取り決めたことによるもので、

国際政治も絡んでいる。

 

  とまれ、今年6月から「ロシアシーズンズ ジャパン2017」の

さまざまなイベントが日本各地で行われてきた。バレエ絡みが多かったが、

サーカスや、ロックバンド、エルミタージュ美術館の傑作が披露され、

コンサート、写真展、映画鑑賞会なども開催された。

 

グランドフィナーレは東京で、

この11日にマリインスキー劇場管弦楽団によるコンサート、

12日に新作映画『ボリショイ』の上映が行われた。

 

 

 映画鑑賞の招待券を頂いたので、バレエのクラスを受けてから、

シャワーも浴びずに、TOHOシネマズ 六本木ヒルズに出かけた。

 

 トークセッションが冒頭にあり、ゲストでプロデューサーの

ドミートリー・ダヴィデンコさんが語気を強めて「ハリウッドだけでなく、

ロシアでも映画を作っています。アメリカ映画より、ロシア映画を観てください」

と本音を口にしたのが微笑ましかった。

日本でも大ヒットした、ナタリー・ポートマン主演のサイコスリラー

『ブラック・スワン』に対抗しているのかと思った次第。

 

 やはりゲストで、主演女優のひとりであるアンナ・イサーエワさんは、

ご自身もボリショイバレエ学校を優秀な成績で卒業しているので、

ナビゲーターから「映画に描かれていることはリアルですか?」と訊かれ、

「現実と映画はリアルにリンクしています。監督には大いに感謝しています」

と率直なお応えで好感が持てた。

なにしろ、独断的なキャスティングで反感を買っていた芸術監督が

男性ソリストから顔に硫酸を浴びせられるという事件が2013年に起きた、

あのボリショイなのだ。映画でもバレエ団の内幕、怨念渦巻く人間ドラマを

見ることができるのかと、期待がいや増した次第。

 

 開けてみると、いい意味で期待を裏切られた。

『ブラック・スワン』や硫酸事件のようなエグさはない。

生徒たちが切磋琢磨し、あるいは脱落していく姿が青春ドラマとして描かれ、

幸運にもバレエ団員に採用された者同士の心の揺れ、嫉妬、裏切り、

そして恋、友情が浮き彫りになっている。

 

 パ・ド・ドゥのレッスン中、男子から落とされてしまったり、

どうも息が合わないでいるシーンもあって、とても参考になった。

わたしは目下、パ・ド・ドゥのお稽古に余念がないのだ。

2014年にパリ・オペラ座のエトワールを引退したニコラ・ル・リッシュが

エトワール役で出演しているのも嬉しく懐かしい。

渋い佇まいが好きで、贔屓にしていたのだ。

 

 部外者をシャットアウトしているバレエ学校や劇場内での撮影シーンも多く、

これは貴重な情報になった。恒例のモスクワ国際バレエコンクールは

この劇場で行われるが、編集を担当した『日本バレエを変える』(チャイコ刊には

著者の久保綋一さんが16歳のときにここで踊って銀を獲ったという件があり、

劇場の外観、内部がスクリーンに映し出されたときには感慨深かった。

外国人初のボリショイ第一ソリストだった岩田守弘さんのことも脳裏に浮かんだ。

 

 バレエ学校の生徒たち(特に女子)は成長過程において体型に変化が生じると

退学を余儀なくさせられるという話を聞いているが、そのエピソードもあって、

リアルに描かれているという触れ込みだけに、キビシー! と恐れ入ってしまう。

バストもヒップも実ってはいけないのだ。

 

 子供の頃から延々と続くストイックな修業期間を終え、

晴れて有給の団員となり、バレエ団で踊り続ければ、

ロシアのダンサーたちは30代で年金生活に入れる──

これは冒頭のトークセッションで話題になったことだが、知ってはいても、

実際に関係者の口から耳にすると、なんだかな〜、日本とは大違いだな〜、

と再確認させられる。我が国のプロダンサーたちのおおかたは、

現役のときから公演の合間を縫ってバレエ教師の仕事をし、

(特に男子は希少価値だから)日本中に乱立している巷のバレエスタジオの発表会に

ゲスト出演して糊口を凌ぐ。退団後の生活は、推して知るべしだ。

 

『ボリショイ』を観ながら、もうひとつ感じ入ることがあった。

この映画には前出のアンナさんの他に、ユリアという名の

もうひとりの主人公がいるのだが、ユリアは地方の片田舎の貧しい家の娘で、

家族の暮らしを助けるためにボリショイに入団しようと努力し、志を果たす。

だが、とある事情でプリマの座を一度は断念することになってしまうのだ

(ちなみに、アンナさん演じる主人公はモスクワの富裕な家庭の娘という設定)。

 

 ロシアのダンサーが登場する映画には、この“貧困家庭”パターンが多い。

東京では秋に公開されたフランス映画『ポリーナ、私を踊る』の主人公も

ボリショイを目指すロシア人の少女で、彼女の家も貧しい。

夏に観た英・米映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』は、

キエフ国立バレエ学校、英国ロイヤル・バレエスクールを経て、

ロイヤル・バレエ団の大スターになった天才ポルーニン(こちら→)

実像に迫ったドキュメンタリーだったが、

ロシアではなくウクライナ出身の彼もやはり貧しい家庭環境にあった。

逆境を乗り越え、目標に向かうところに、才能が開花する──

常套なストーリーラインだが、これがあちらでは現実だから物語になる。

 

 翻って、日本のバレエ界を映画にするならば、それほどの貧困層はなく、

中途半端にぬくぬくした社会だから、足りない分はアルバイトで補えて、

30代で年金生活者になれるような条件のいい国立バレエ団は不在なので、

そこに入ること自体を目標にして上を目指す動機も生まれず、

踊りたいから踊れる限りは踊って暮らす、あとは野となれ山となれ──

差詰めそんな若者たちについてのストーリーになるのだろうか。

温過ぎる。締まりがない。ドラマがない。キャッチのない映画だ。

 

 余談だが、最後に言っておきたいことがある。

会場でわたしの右隣に坐っていた女性が、上映半ばからスマホをいじり始めた。

消音にしてあるのだろうが、暗闇で視野内に液晶の眩しい光があると、

煩わしくて、鬱陶しくて、映画鑑賞の邪魔になる。

1分ほど右手で右目側に壁を作って光が見えないようにしていたのだが、

なんでわたしがそんな恰好をして映画を観なくてはならないのかと頭に来て、

「ねえ、それ、光が目に痛いんだけど」と小声で伝えたら、

彼女は「ああ、すいません」と言ってにやけてからオフにした。

映画が自分のタイプじゃない、あるいは急いで連絡する必要があるのなら、

中座すればいいじゃないか。上映中でなければ怒鳴るところだ。

このバカ女、まさかバレエをやっている人じゃないでしょうね!

 

映画館を出て、ヒルズの66プラザに来ると、400個のバイブラランプで作られたクリスマスツリーが、

フィラメントの柔らかい光を揺らしながら夜のなかでたおやかに輝いていた。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて予約受付中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    funabashi
  • ミントアイスな日々
    鵺子
  • ミントアイスな日々
    うさぎさんのママ
  • ミントアイスな日々
    akko
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    中村かりん
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM