2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2019.08.01 Thursday

バレエ観賞の日々(5月の場合)

 

ブログが滞っている。毎日忙しくしているので

頭の中が未整理のまま、ただ時が過ぎていく。

生活記録でもあるのだから、いい加減腰を据えて認めなくては。

まず5月に観たバレエ公演やバレエ映画についてまとめてみる。

 

5月10日(金)横浜市中区のTHE HALL YOKOHAMAにて

和雅美×福田圭吾率いるバレエエンターテイメント・ユニット

DAIFUKU」による『HOME』を観た。

新国立劇場バレエ団のOB&現役を含むダンサーたちが

昭和的日本の懐かしい家族の情景・詩情を

ユーモアとペーソス漂う演出・振付で踊り描いた。

360度から観賞できる舞台構成がユニークなこのユニットは

2016年に始動して今回の公演で第5回目になるが、『HOME』では、

祖父母、父母、子供たちがひとつ電燈の下で食卓を囲んでいた、

古き良き日本を見せてくれた。くすくす笑えてウルッとくる。

わたしはこんな作品が好きだ。

 

 

25日(土)新宿文化センターで骨髄バンク主催の合同ダンス発表会。

週一レッスンを受講している豪徳寺のスタジオも参加していたので

応援に出かけたのだが、皆さん、エスメラルダやドンキや

コッペリアなどのヴァリエーションをステキな衣装で踊っていた。

人はなんで踊るのだろう、と常々わたしは考えるのだが、

行き着く答えはいつも、そりゃあ、楽しいからよ♪ なのである。

 

26日(日)新国立劇場中ホールにて

NBAバレエ団の『リトル・マーメイド』と『真夏の夜の夢』。

マーメイドを観るのは二回目、真夏はもう三回目になるが、

団員の入れ替わり、演出も少しずつ変わるから、新しい発見がある。

リトル・マーメイド』はアメリカオリジナルの作品で、

人魚が歌う唄が前回は英語だったが、今回はアメリカ人歌手同様に

美しく澄んだ声の日本の女性歌手が歌っていたので、楽しさ倍増。

ナレーション、唄ありで、下手なミュージカルよりよっぽど面白い。

なんといっても踊りはテクニシャン揃いのNBAダンサーなのだから。

 

29日(水)は日本橋TOHOシネマズにて

ボリショイ・バレエinシネマの『黄金時代』を観た。

チケットを購入してから、同タイトル作品をずいぶん前に

NHK BSプレミアムが放送したのを録画していたことに気付き、

嫌な予感がしたのだが、ピンポーン、やはり同じものだった。

公演日20161016日)もキャストも……。

とはいえ、大画面で観るのは大迫力で、この点は大満足。

 

黄金時代』の音楽はショスタコーヴィチが192930年に作曲し、

1930年初演時の台本は犖渋綫験茘瓩紡┐靴榛酩覆鯢要としていた

ソ連国立劇場当局が開催したコンクールの入賞作がベースになった。

周知のとおり、かの国は帝政が崩壊し、1917年の2月&10月革命、

1920年まで続いた内戦状態を経て、史上初の社会主義国家を樹立。

黄金時代』の内容は、皇帝ご用達の夢のようなバレエとは違い、

民衆の暮らしや新しい時代の世相を反映していた──

西側のとある資本主義国で開催された工業博覧会「黄金時代」に

ソ連のサッカークラブが招待され、選手たちは退廃的な西側文化を見聞、

現地の共産党員や労働者たちと友情を築き、労働の踊りを繰り広げる。

なんともコミンテルン色を帯びた、プロパガンダ的なストーリーだ。

 

わたしが観たのはグリゴローヴィチ振付による1982年版で、

ストーリー設定は1920年代だが、舞台はロシア南部の海辺の町。

「黄金時代」というキャバレーの美しい踊り子と若い漁師の恋に、

地元ギャングの親分が絡むという洒落た三角関係ものになっていた。

パリのファッションショーを彷彿とさせる煌びやかな衣装を纏った

ダンサーたちが、ブロードウェイミュージカルよろしく

めくるめく踊り回るキャバレー・シーンはまるで宝塚レビューのよう。

それでも時代背景を原作同様1920年代にしてある点がミソだ。

革命と内戦を経験した当時のソ連は深刻な食糧・物資不足に瀕し、

国民を疲弊から救うためにレーニン率いる新政権は窮余の策として

社会主義体制とは相矛盾する「新経済政策(ネップ)」を1921年に施行。

私的実業家を気取るギャングが幅を利かしてもいただろう。

これが、2006年にマリンスキー劇場が再演した『黄金時代』になると、

時代はまさに今、年老いた男女が昔を回想する話になっているという。

バレエは、かように時代の流れに乗って変遷しながら永らえる、

民衆のための素晴らしいエンタテイメント、だとわたしは思う。

 

 

30日(木)は新宿武蔵野館にて映画『ホワイト・クロウ』を観賞。

英ロ仏の共同制作によるルドルフ・ヌレイエフの伝記映画だが、

彼に関してわたしは読み過ぎ、観過ぎ、知り過ぎているので、

まあ、観なくてもよかったかも、というのが感想だ。

そもそも、ヌレイエフを演じたダンサーが良くない、線が細過ぎる。

ロシアの大地にすっくと立つ、ごつい農夫のような男でなくては。

その身体がバレエを踊るからヌレイエフは魅力的で輝いていたのだ。

亡命の緊迫感は、チャイコ刊『びっくりさせてよ』のほうが強烈だ。

ヌレイエフとバリシニコフを足して二で割ったような亡命ダンサー、

主人公アースランの物語。ぜひお読みください。

amazon.jpもしくはhttps://tchaiko.co.jpからどうぞ。

 

 

 


2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 05:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 麻実れい(ターコ)をCS2で観る
    岡地慶直
  • 麻実れい(ターコ)さんのお茶会
    岡地慶直
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM