2018.10.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2018.09.22 Saturday

NBAバレエ団の「リトルマーメイド」

 

久しぶりに新所沢のNBAバレエ団に出かけました。

今月282930日と新国立劇場中ホールで公演される

リトルマーメイド」(こちら→)のリハーサルが

振付家のリン・テイラー・コーベットさん直々の指導のもと、

佳境に入っているとのことで、ブログ用取材と

情報収集を兼ねて拝見させていただいたのです。

照明、音響、装置、衣装の打ち合わせも行われていました。

 

アンデルセンの『人魚姫』をもとにしたバレエは

プロ、アマのバレエ団で様々な作品が演じられていますが、
今回NBAが日本初演するコーベット版はベリー・アメリカン的で、

ディズニーとブロードウェイとバレエが合体したような、

底抜けに明るく、それでいて切なくて胸がキュンとなり、

愛の力を信じさせてくれる作品です。大人も子供も、

つまりファミリーで楽しめるのです(ただし3歳未満はNG

写真でご紹介してみましょう──。

 

海の底では、16歳になったマーメイドの誕生パーティーが開かれています。

シャープな踊りを披露するメカジキくん、2匹の蟹のダンスはとても愉快で、

ゴールドフィッシュやフグやヒトデもチャーミング。

父上である海の王にも祝福され、マーメイドは浜辺への初冒険を楽しみにしています。

  

パーティーに招待されなかった海の魔女が乱入して大騒動になりますが、

魔女の嫌がらせもなんとか治まり、マーメイドはいよいよ冒険にでかけます。

その頃、海上ではクリスチャン王子が乗った船が嵐に見舞われていました。

 

浜辺に上がったマーメイドは倒れている王子を見つけ助けますが、

人魚の姿をしている我が身が恥ずかしくなって、王子のそばを離れます。

そこに若い人間の女性、ソーニャが友だちとやってきて、

「あなたの命を救ったのは私」と嘘を吐き、王子から求婚されるのです。

それを岩陰から見ている可哀そうなマーメイド。

 

王子に恋をしたマーメイドは、海の底に戻って魔女と取引をします。

魔女がマーメイドの美しい声を欲しがっているので、

それと交換に自分を人間にしてくれと頼むのです。

美声をものにした魔女は大喜び。

 

人間になったマーメイドは浜辺に打ち上げられ、立ち上がろうとします。

でも、初めての脚はとても痛くてつらい。でも頑張って立ち上がります。

王子がそこにやってきますが、マーメイドは声が出ないので

「倒れていたあなたを助け、歌っていたのは私です」と言えず、

王子からは奇妙だけど可愛い娘だと思われて、仲良しになります。

 

マーメイドを連れてお城に戻った王子は、ソーニャとの結婚式に大遅刻。

それにマーメイドは、二人が誓いの言葉を交わそうとした時、

王子にすがりつき止めようとして顰蹙を買ってしまいます。

一方、王子から「もう一度、あの美しい歌声を聞かせて欲しい」

と頼まれたソーニャは歌えずに、嘘がばれて逃げ出します。

 

その頃、海の底では、マーメイドの異変に気付いた王が

「私の娘に何をした!」と魔女に闘いを挑んでいました。

王は倒されてしまいますが、海の仲間たちが闘い続け、勝利します。

 

魔女が敗れると、マーメイドに美しい歌声が戻ります。

でも、また人魚に戻ってしまい、その姿を王子に見られ、

マーメイドは岩から海に飛び込みます。岩場に走るクリスチャン王子。

自分を救ってくれたのはマーメイドだったとようやく気付いたのです。

 

さて、その後、マーメイドと王子はどうなるのでしょう?

普通ではない、想定外のエンディングだったので、私はビックリしました。

面白いです、夢があります、世の中こういう風にありたいものです。

是非、お子様連れや、恋人と、あるいはご夫婦で劇場に足をお運びください。

マーメイド、頑張って!」「カニさん、フグさん、負けないで!」

会場では子供たちのそんな可愛い声が飛び交うことでしょう。

透き通った声で語られる日本語のナレーション、

美しい音楽と歌声に合わせてダンサーが踊り、演技をして大熱演です。

海の底の情景を盛り上げる照明、特殊効果、装置にも目を奪われます。

 

若き日のケヴィン・ベーコンやサラ・ジェシカ・パーカーも踊り、演じた

伝説的ミュージカル映画「フットルース」の振付家としても名高い

リン・テイラー・コーベットさんのスタイリッシュなこのバレエ作品は

上演時間約70分、ちょうど映画1本を見る気分で楽しめます。

「くるみ割り人形」のように、NBAの年中行事的な人気出し物になるでしょう。

 

 


2018.10.13 Saturday

スポンサーサイト

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • 03:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて予約受付中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    funabashi
  • ミントアイスな日々
    鵺子
  • ミントアイスな日々
    うさぎさんのママ
  • ミントアイスな日々
    akko
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    中村かりん
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM