2018.10.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2018.06.03 Sunday

バレエ三昧の季節(最終回): 「リーズの結婚」他

 

がさがさ懸命に生きていたらもう6月で、

今年も残すところ半年になってしまった。

仕事に集中していると家を出るのが億劫になり、

レッスンに行くのは4、5、6月限定月謝制で毎週水曜受講の

「ドン・キホーテ」パ・ド・ドゥWSがメインになってしまい、

Angel R(こちら→)の月16回チケットの消化は下旬になだれ込み、

月末だけ大忙しで踊っている。

 

それでもバレエ鑑賞は仕事の一貫だから、観るべきものは観る。

前回書いた「ヌレエフ・ガラ」の後、5月の残りは

13日(日)、スターダンサーズ・バレエ団「ドラゴンクエスト

 @テアトロ・ジーリオ・ショウワ

30年以上も前の我が国の大ヒットゲームをベースに、

20年以上も前に作られ、上演され続けている日本製のバレエだ。

お話はゲームからきているのでわかりやすい。

プリンセスと二人の騎士の三角関係に、悪と善の闘い、

ワイルドなダンスの見せ場も絡み、結婚式でお目出度いエンディング。

西洋古典バレエの構成パターンをオーソドックスに踏襲した作り方だ。

2017年から装置・衣装を一新したそうで、幻想的かつ近未来的で効いている。

モンスターが可愛く、剽軽で、会場でお子達の笑い声が沸き起こっていた。

 

(左)「ドラゴンクエスト」 (右)「眠れる森の美女」のプログラム

 

18日(金)、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「眠れる森の美女

 @東京文化会館/「眠り」はいろいろ観ているが、

バーミンガム自体の公演を観るのは初めてだし、新国立劇場バレエ団の

前・舞踊芸術監督だったデヴィッド・ビントリーが率いるバレエ団で、

加えてアリーナ・コジョカルのオーロラ姫は観ておくべきだろう、

と思って行ったのだが、私的には全盛期の吉田都のオーロラが好きすぎて、

ちょっと? という感じだった。誕生日のローズ・ヴァリエーションで

ピルエットを4セットするシーンがあるが、都さんはセットごとに

二回、二回、二回とピルエットを入れていき、最後の4セット目では

氷上の演技であるかのようにスルスルと5回転こなして

スルリとストウニューで締める。(こちらのYoutube 1:47〜→)。

コジョカルさんは最多2回なので肩透かしを食ってしまった。

わたしが篤い拍手を送ったのは、カラボス役の佐久間奈緒で、

強烈に個性的なカラボスを演じ踊っていた。

 

25日(金)、同じくバーミンガム「リーズの結婚」@東京文化会館

ヴァリエーションの踊りはAngel Rのクラスでも経験して知っているが、

全篇を観たことがなくて、是非ともと思って足を運んだら、

すごく良かった! 農村の若い男女を巡るコミカルなラブストーリーで、

金持ちのおバカ御曹司や着ぐるみのニワトリたちが楽しい。

ニワトリの踊りはユニークだし、リーズの母親で未亡人の

シモーヌが木靴でタップして踊るクロッグダンスは特筆に値する。

恋人同士がリボンを持って踊るうちに綾取り図形ができるのも新鮮な驚き。

リーズ平田桃子が恋人コーラス(マチアス・エイマン)の片掌に腰かけ、

高々とリフトされる「お尻のリフト」なんてビックリ仰天ものだった。

「リーズの結婚」は現存するバレエ作品では最も古く、初演はフランスの

ボルドーにて1789年(受験で覚えた「火縄燻る」だからフランス革命の年!)。

これが各国で振付、音楽など改訂に改訂が重ねられ、上演され続け、

英国の振付家フレデリック・アシュトンの究極的新改訂版が世界初演されたのが

1960年で、それを今回、わたしは東京文化会館で鑑賞したというわけだ。

ヨーロッパ各地の庶民の踊りや生活風情が織り込まれ、主人公は愛すべき農民。

これがわたしの琴線に触れるのだ。革命に立ち上がった一般市民が

織りなすバレエ「パリの炎」で血湧き肉踊ったのもそういうことだった。

生きているバレエって、そういうものなんじゃないだろうか。

リーズ役の平田桃子さんは小さくて可愛くて表現力のあるプリンシパルだ。

ところでもうひとつ心惹かれた要素がこのバレエにはある。

小さな馬車を引く小さな真っ白なポニーが二度出てくるのだが、

これがたまらなく可愛くて、登場・退場で思わず拍手を送ってしまった。

着ぐるみじゃないですよ、ちゃんと生きてるポニーです。

 

(上)「リーズの結婚」プログラムでお尻のリフトが掲載されてる頁

(下)「Woman of the Year」のフライヤーで、左端手前が宮尾俊太郎。

 

6月に入り、1日(金)には元宝塚歌劇団雪組トップ早霧せいなの退団後

初主演ミュージカル「Woman of the Year」@TBS赤坂ACTシアターで観た。

なぜに突然ミュージカル? と思われるだろうが、Kバレエ カンパニーの

プリンシパル宮尾俊太郎が亡命ロシア人ダンサーの役で出演しているからだ。

バレエダンサーがバレエ以外で仕事をすることに個人的関心があり、

宮尾さんの場合は役者としてはどうなんだろう、と興味津々なのだが、

これがけっこう堂に入っており、がたいがいいし、姿勢もびしっとしているので

舞台に登場しただけで、もうひと際目立って、絵になるんですゎ。

台詞回し、演技もナチュラルで、かつ持ち前の飄々としたコミカルキャラ全開。

バレエもばんばん踊ってくれるし、いまチャイコで入稿準備中の翻訳小説にも

亡命ロシア人ダンサーが出てくるので、対比しつつ感情移入しながら観ていた。

このミュージカルは大物女性ニュースキャスターの恋の行方についてのお話で、

ブロードウエイ初演は1981年。アメリカ的で派手で賑やかな舞台──

梅雨の季節のステキな幕開けとなりました。

 

 

 

 


2018.10.13 Saturday

スポンサーサイト

  • 2018.10.13 Saturday
  • -
  • 01:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて予約受付中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    funabashi
  • ミントアイスな日々
    鵺子
  • ミントアイスな日々
    うさぎさんのママ
  • ミントアイスな日々
    akko
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    中村かりん
  • 映画『「ボリショイ』&暗闇に光るスマホ
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM