「黒鳥のパ・ド・ドゥ」WSに思うこと

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 23:16

 

山の家のベランダから眺めた初日の出@07:00

 

2018年、戌年の日本はなんとか平和裡に元旦を迎えた。

三箇日は読書とTV映画三昧、そしてちょっとだけ仕事、

合間に昨年の出来事を振り返って過ごした。

昨年最悪だったのは、サンフランシスコに慰安婦像が建ったこと──

青春の数年を過ごし、第二の故郷ともいうべき街なのに、

思い出の日々を土足で踏みにじられた。もう行かない!

 

最良は、バレエについてだが、「黒鳥のパ・ド・ドゥ」の

ワークショップを受け、最後までやり通したことだ。

新横浜の「スタジオ・マーティ」(こちら→)主催のWSで、

10月に一回、11月に二回、12月に二回、計五回を土曜夜に受講。

講師は元NBAバレエ団プリンシパル同士の泊陽平さんと田澤祥子さんで、

お二人が在団中は公演を観ていたこともあり、これはなんとも贅沢な! 

すごく難しいけど、無謀にも参加したのだった。

 

Youtubeには様々な見本があり(こちら→)(こちら→)予習はできるが、

先生によるオリジナル振付になっているので、

学習&記憶障害の傾向があるこの身にはハードルが超高い。

でも一緒に受講したバレエ友だちに助けられ、教えてもらい、

さらに、生れて初めて格安レンタルスタジオで自主練を重ね、

四回目には何とか振りが入ったので、五回目のファイナルクラスで

無事、通しを二回やり遂げることができた。

 

クラス内容はスタジオと先生方の企業秘密になるので

SNSなどでの詳細説明は無論ご法度。

動画アップも著作権・肖像権の侵害になるので禁じられている。

このブログを書くにあたり、スタジオに問い合わせたところ、

自分だけの姿が映った静止画像はOKということなので、

賑やかしに、パ・ド・ドゥの楽しさを知っていただくためにも、

恥晒しではありますが、あえてここに掲載する次第。

 

(左)黒鳥オディールが王子から後ずさる(右)でも思い直してシェネで王子にアプローチ

 

振りが体に入ると、次は感情表現や性格描写もしたくなり、

自主練では、王子をたぶらかす、陰険かつ狡猾なオディールを目指した。

ある人から、「ボリショイ版には黒鳥がフクロウの娘という設定のもある」

と教えられ、それが琴線に触れたので、アタシはいけずなフクロウ・プリンセス、

お父様は夜のキング・オブ・フクロウなのよ、と成り切り演技を楽しんだ。

 

(右端から)フクロウ姫でも王子に愛されたい → 純情可憐が売りの白鳥オデットごときに彼を

 とられたくない でもそんな心の内は見せたくない だからある線まで来たら逃げちゃうアタシ

 

先生は厳しく、優しく、辛抱強く、真剣に、指導してくださった。

「とにかく、振りを早く、きちんと覚えなさい」と何度も言われた。

人見知りする私は当初コチコチだったけど、ラストクラスでは

気持ち的にも先生とコミュニケーションができていた(と思う)。

早く駆け寄り過ぎて「なんだか早く来たね」と小声で言われたら、

「う〜ん、そうなんです」と返し、

両腕サポートされてのストゥニュ後、右脚を素早くアチチュードして

キープするのを忘れ、何だっけとフリーズしていたところ、

「アチチュード、アチチュード」と耳元で囁いてくださったので、

「ここ、いつも忘れます」と呟き返す──なんだろう、この明るい余裕。

 

 (左から)またまた逃げるアタシ → でもやっぱり仲良くしてね、と戻ってきて再誘惑 

 

上記ご紹介のYoutubeはボリショイのプリンシパルたちの演技で、

あんな180度開脚ハイジャンプ、高速回転、ディープパンシェは無理だけど、

とにかくパ・ド・ドゥは、振りが入り、パートナーと目と体で

意思疎通できるようになると醍醐味がわかってくる。

 

しかしながら、泊・田澤両先生のWSは限定5名の二時間クラスで希望者が多い。

あまり書くと申込がさらに増え、倍率が高くなり、

自分が次回受けられなくなる恐れがあるので、ここで擱筆といたします。

 

3日朝、窓の外を見たら、なんと美しい雪景色!

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:16
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
鵺子様、すごいすごい、ダンサーは、鵺子様ですね。ここまで、レベルアップ 感心するのみ、写真のレイアウトもすてきですが、鵺子様の綺麗なお姿に心より、拍手です。
でも、文面の内容は、ベスト、無駄無く、正しい情報、バレーは、子供の頃にバレー教室に少し通っただけ。日本舞踊の方が好きでした。すべて、小学校時代です。子供の頃に習った事は大人になって 興味がありますね。今は、親に感謝です。
いろいろ、挑戦される鵺子様のパワーに脱帽です。拍手拍手
  • funabashi
  • 2018/01/05 8:52 AM
本年もよろしくお願いします。(*^_^*)ニコッ
踊っている写真を見て、正直羨ましく思いました。
スッと伸びた姿勢、特に背中、脚つま先…。
普段のレッスンの賜物と思いますが、維持して
いるだけでも凄い!ですね。
  • skko
  • 2018/01/05 5:53 PM
鵺子さんすごくすてきです!
わたしは病気治療が一区切りついて12月からレッスン開始しました。疲れないように健康維持程度に続けるつもりだったのですが、鵺子さんをみて、少しでも上達したいな、と思いました。わたしのはまだまだタコ踊りです。
  • うさぎさんのママ
  • 2018/01/05 10:20 PM
funabashi様
お正月の多忙さは終わりましたか? 私の声も戻ってきました。
子供時代にバレエと日本舞踊をなさっていたのですか、やはりお嬢様だから。それは得です、やはり小さい頃のものは体に入っていますから。大人のバレエは大変です。でも、いつ始めても、それが好きなら、継続することに意味がありますよね。
今年は仕事軽くして、踊りたいです。いつまでも踊れるわけではないので。
読んでいただき、お目汚しでしたが、ありがとうございます。
  • 鵺子
  • 2018/01/07 12:16 PM
うさぎさんのママ
ご病気でしたか。お大事にしてください。短時間でいいから、バーだけで帰ってもいいし、徐々に体を戻されるといいです。
今回のWSでは、振りがなかなか入らず、諦めかけましたが、友人に励まされ、自主練をしたのが良かったです。それと、自分の踊っている姿をビデオ撮影するのは、とても参考になります。欠点がよくわかり、直そうと努力するから。今年はそれをやって行こうと思います。
  • 鵺子
  • 2018/01/07 12:21 PM
akko様
ありがとうございます。ここ数ヵ月で、いまさらながらですが、体の使い方がわかってきました。そしたらすごく踊りやすいのです。先生方から同じことを何年も言われ続けて、ある日、わかることがある、これは不思議です。
毎日、続けること、考えること、イメージする、これが大事なのだと思い当たります。akkoもエクササイズは続けてください。
  • 鵺子
  • 2018/01/07 12:30 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM