大きすぎる悲しみ

  • 2017.07.15 Saturday
  • 22:59

 

生きていると自分のまわりで様々なことが起こる。

懸命に生きているのに、知らぬ間に、暗い不幸に

ぴったり後をつけられていることがある。

 

大きな悲しみに暮れている人に出会った。

一人になったときに思いっきり涙を流しているという。

その話を聞きながら相手の潤んだ目を見ているうちに

こちらも喉の奥が痛くなり、涙目になっていた。

慰めの言葉など寄せ付けないほどの深すぎる悲しみ。

肩を抱きしめ心をひとつにするしか方法がなかった。

帰宅してからメールをした。

泣きたいだけ泣いてください

 

 

その週は満月だった。

黒い夜空に冷たい色の月が浮かんでいた。

悲しいときにこんな月を見れば、慰められるだろうか。

だめだろう、あの悲しみは重すぎる。

どれだけ時間が経っても消えるはずがない。

その人は、大きすぎる悲しみをきつく抱きしめ、

自分の定めとして生きていくだろう。

 

最近、都立大駅近くのノアバレエスタジオで

レッスンを時々受けるようになった。

同じところに通っているとマンネリ化する。

違う電車に乗り、違う道を歩き、違う人たちと踊る。

すると、自分を違う目で見つめている自分がそこにいる。

 

先週、そのレッスンの帰り、気になっていたカフェに入った。

「倉式珈琲」といって、コーヒーが美味しいらしい。

「倉」はコーヒー豆を貯蔵して置く倉庫、の意。

「式」はサイフォン方式で淹れるからだそうだ。

でも猛暑だし、かき氷にこだわっている今日この頃、

ダブルベリーのかき氷」をいただいた。

 

 

ブルーベリーストロベリーのソースがけ、

トッピングされているのはカシスシャーベット

ガラス器の青い網目模様がさらに涼感を誘う。

甘酸っぱく、品のあるお味でした。

 

* 朗報 *

Other Desert Cities」のチケットが確保できたと

麻実れい後援会の幹事さんから電話があった。

当初のチケットと同じかぶりつき最前列ど真ん中とはいかないが

とりあえずターコさんを応援し、観にいくことができる。

不幸な出来事があったけれど、役者さんたちは

故中嶋しゅうさんのためにも頑張って白熱の演技をしていると聞く。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • 22:59
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
それほどの大きな悲しみ。なにがあったのだろうと思いました。悲しみを癒すのは、誰かに話して共感してもらうことと、涙をたくさん流すことしかありませんね。その方の心のつらさがすこしでも楽になることを願います。病院で働いているのですが、人は本当にいろいろなものをかかえて生きているんだなと、よく思います。努力という方法さえ無い時に人は祈るのだと思います。
ノアバレエスタジオ早速検索してみました。鵺子さん、エンジェルRも続けているんですよね。いつか偶然にばったり会うことを楽しみにしているんですから。先週からパドドゥーのクラスに出始めました。箸にも棒にもかからないといった有様でしたが、もうすこしがんばって続けてみようと思っています。
  • うさぎさんのママ
  • 2017/07/19 12:44 AM
うさぎさんのママへ
病院で働いていらっしゃるのでしたら、人の悲しみを見つめることは多いですね。ほんとうに、身を切られる思いをすることがあると思います。
エンジェルも続けております。先生方が粒ぞろいですし、いつでも飛び込めますから。ノア都立大は違った雰囲気です、おっとりしているというか。
パドクラスは月曜渋谷ですか? この三週間お休みしましたが、また行けるようになります。うさぎさんのママもお続けになってください。
  • 鵺子
  • 2017/07/19 6:46 PM
お返事ありがとうございます。パドドゥーに出られるのは木曜なんです。中級からとあったのですが、そもそも中級なんて出たこともない、でもそこしか出ることができないので、勇気をふりしぼってでてみました。鵺子さんは月曜にでていらっしゃるのですね。
  • うさぎさんのママ
  • 2017/07/19 7:25 PM
うさぎさんのママへ
私は月曜夜しか都合がつかないので、そちらをキープしています。出られるクラスでやっていくしかないですよね。応援しています。
  • 鵺子
  • 2017/07/19 10:59 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM