十字架がマイブームなわけ

  • 2017.06.17 Saturday
  • 23:26

 

14日の水曜、青梅市の河辺に出かけた。

高校からの友人Sさんが宝飾店「大山宝石」の社長なので(こちら→)、

十字架をデザインしたアクセサリーを探しているとメールしたら、

いろいろあるわよ、というので拝見に上がった次第。

 

新宿から中央線青梅特快で乗り換えなしの約40分で河辺に到着。

平日の昼間は空いているし、すごく便利、快適だった。

軽くランチをし、そこにもうひとり同窓の友人Aさんも加わって、

近所の「吹上しょうぶ公園」(こちら→)でハナショウブが見頃というので

寄ってみたら凄かった。実に奇麗、美しい! 

紫、薄紫、薄水色、黄色、白、限りなく透明に近い白などが

6月上旬から下旬にかけて約10万本が咲き誇るという。

 

 

 

華麗なハナショウブ鑑賞後、

大山宝石」では眩しく輝くジュエリーたちとご対面。

友人が用意してくれていた十字架たちには

ピアス、指輪、ペンダントがあり、目移りして困ったが、

直感でニーズに合うものを複数選んだ。

 

耳たぶに密着してキラッと光るチェリーゴールドのクロスの中心に

針の先ほどの白ダイヤモンドが入った極小のピアス。

白蝶貝のシンプルなクロスが楚々と揺れるぶら下がりピアス。

爪楊枝の先ほどのイエローダイヤモンドを十字に埋め込んだ

チョーカータイプの小さなペンダント。

極薄に平打ちされた十字のなかが打抜きで網状になっている

イタリア製のペンダント(片面は金色、もう片面は白でリバーシブル)。

それから、小さくて厚みのある赤瑪瑙のクロスと

透き通ったトパーズのネックレスの組み合わせ。

これは白蝶貝のピアスとお対で着けるとポップで楽しい。

 

赤瑪瑙も白蝶貝も縦20ミリ×横10ミリ

 

十字架はキリストが磔になった残酷な死の象徴なのだから、

身に着けるのなら派手に煌びやかなものではいけないと思っている。

だからどれも本当に小さく、清楚な感じのものにした。

 

昔からイエス・キリストには関心があり、

旧約・新約聖書は物語として読んでいたし、

翻ってニーチェの無神論にも傾いてみたり、

シュタイナーの超感覚を論じた神智学/神秘学に嵌ったり、

ロレンスの現代文明批判として読める『黙示録』も粋がって愛読した。

今、考えるところがあり、これらの書物を再読しながら

キリスト教の研究をしている。

 

十字架を身に付けることを思い立ったのは、

そんな自分への道標にしたいからだ。

日本を含む世界中で起こっている嫌なことへの牴罎魂の闘争瓠

あるいは世界の平和・良心の復活を祈って、なのかもしれない。

だからといって、なにもジュエリー買わなくてもいいのだが……。

それが、そこ、心弱き、物欲に塗れし俗人、君の名は。鵺子さん。

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:26
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
鵺子様

ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?
花菖蒲、美しいですね。 濃淡の紫の競演・・・素敵です。


クロス。 素敵ですよね。
イギリスではついに報復のテロまで起きてしまい、昨日はパリでも・・
多くの移民を受け入れながら、イスラム教徒や難民との共存において異なる政策をとってきた英・仏。 今、2つの国はまたもや異なる方向に舵を切ろうとしているけれど、 どちらもそう易々とテロを根絶することができるとは到底思えないですね。
世界は何処に向かっていくのでしょう。
日本は“森友だ!加計だ!”と騒いでいるけれど, 3年後にオリンピックを控えて、こんなことでいつまでもゴタゴタしていて・・・。 確かに、これも由々しき問題ではあるけれど、 何だか論争のレベルが違いすぎて、 本当にこんな調子で大丈夫なのかと不安になります。
日本人にとっては、クロスがただのファッションになってしまっていることがほとんどですが、身につける時にほんの少しでも、「本来それが持つ意味を心に浮かべる。」 其れが必要なのかもしれません。


ターコさんの舞台まで後半月程になりましたね。
そろそろチケットが届く頃でしょうか。
先日、NHKの朝の情報番組に寺島しのぶさんが出演されていて、少しだけですがお稽古風景も放送されていました。 ターコさん、妙に艶かしく寺島さんに纏わりつく感じで、「この辺が熊林さんなのかなぁ〜」なんて勝手に想像しておりましたが^^; 楽しみですね。

マイエルリンク
  • マイエルリンク
  • 2017/06/20 11:11 AM
本日、20日にチケット届きました。7月11日昼の部です。ターコさんは寺島さんがお好きなのかもですね。艶っぽくまとわりついてた? そこのところを意識して観劇します。 マイエルリンクさんの世界を見る目には同感です。本当に、私は隣人に優しい、許すことのできる人間でありたい。優しくされたいし、許されたいし。人間はむき出しですと悪魔になるような気がします。なにか、善をあらわすものを身にまとうべき時代になってきたのではないでしょうか。 では、またね。
  • 鵺子
  • 2017/06/20 10:00 PM
鵺子様

^^;^^;^^;
纏わり付くのがお好きなのは、熊林さんらしいですよ。 寺島しのぶさんもブログで「熊林さんの演出は兎に角近い!」と。

チケット、我が家にも届きました。
私は千秋楽なので、まだまだ先ですが。 鵺子様、ご覧になりましたら、是非ご感想お聞かせ下さい。 m(_ _)m


マイエルリンク
  • マイエルリンク
  • 2017/06/21 3:43 AM
熊さんの演出方法なのですね。芝居が出来上がっていく過程は面白いですね。
  • 鵺子
  • 2017/06/21 4:23 AM
鵺子さん、こんばんは。
先日は沢山お買い上げくださり、大変有り難うございました。
なぜクロス?かと思いましたが、よくわかりました。
Aさんも言っていましたが、貴女の本質は高校時代と変わらないですね。
(本質と言っても一言では書き表せませんが。)
花菖蒲は良い時期に見られました。
今日も観て来ましたが、そろそろ終わりのようです。
近い内に又お会いしましょう。
  • akko
  • 2017/06/24 2:10 AM
本当によい時期に公園に行けて幸せでした。自分のことはよくわかりませんが、他人様の目が正しいということもありますので、自然体で生きていきます。またね。
  • 鵺子
  • 2017/06/27 12:39 AM
実は私も十字架はいつも身につけています。18金で入浴の時もレッスンの時もつけたままです。実際カトリックの洗礼はうけているのですが、敬虔なクリスチャンとは言い難い(笑)
 ところで昔、心理学者のカール・グスタフ・ユングの本に随分影響を受けたのですが、そのなかの一つヨブへの答えは聖書のヨブ記を心理学の角度から解釈したものでとても興味深いものでした。
  • うさぎさんのママ
  • 2017/06/28 11:55 PM
うさぎさんのママへ
お便りありがとうございます。十字架同胞とのこと嬉しいです。2000年以上も前に起こったキリスト教を今現在の社会に生きる人間が以前の人々のように信仰するのは違和感ありますが、時代にあった信仰の方法があるのではと、そんなことを考えています。でも基本は今も昔も「他人を思いやる心」だと思います。私自身、それができていないところがあります。アメリカのカトリック界では若い人たちによる改革の動きが始まっているようですね。

ユング心理学は私も学生時代にのめり込みましたが、ヨブ記との関連は未知の部分です。両方読み直してみます。教えていただき感謝もうしあげます。
  • 鵺子
  • 2017/06/30 3:34 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM