踊りやすい体作り

  • 2017.05.12 Friday
  • 23:11

 

今年1月からお米は玄米で毎朝1膳と決めている。

あと口にするのは肉、魚、サラダ、野菜煮などのおかず。

お水をいつもたっぷり飲み、デザートは

フルーツ、チョコ、餡子のお饅頭などで自分を幸せに。

体重減で踊りやすい体になったと感じている。

 

筋肉を自覚できるようになったのが嬉しい。

バレエは外見的な筋肉より、インナーマッスルが大切と言われるが、

内臓周辺に余分な脂肪が付いていると、

そのインナーマッスルができているのかもわからない。

最近は脂肪が邪魔しないので意識できる。

「脂肪が付きすぎていると、インナーマッスルどころか

骨がどこにあるかもわからないのよ」

とはある友人の言。彼女も目下減量に励んでいる由。

 

手足の動きを筋肉がサポートしてくれるので

上げ下げが自分の意志どおりにできて、キープもしやすい。

ストレッチも筋肉の状態を考えながらするようになった。

体とコミュニケーションしながら踊るせいか、

先生の注意も瞬時に体に反映できている気がする。

その注意をすぐ忘れ、振り覚えも相変わらず悪いのだが、

レッスン回数を増やすことでカバーするしかない。

 

母の日だ。

ニコライ・バーグマンの店先が嫌でも目立つ。

 

 

ここ数年、プリザーブドやフラワーボックスを贈っていたが、

今年は気分を変えて、見た目が珍しい生花にしてみた。

先週持参したらとても喜んでくれて、

「お仏壇に飾って」というので花瓶に生けてすぐ父に捧げた。

 

 

来週は鹿児島特産のさつま揚げが宅配で届くようにしてある。

お母さん」「ありがとう」とさつま揚げに焼き印されているので、

面白がって笑ってくれると思うのだ。母の場合、笑いが百薬の長。

本人は咀嚼力が衰えてきているので、あまり食べられないかもしれない。

三姉妹でさつま揚げパーティーをすることになっている。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.05.27 Sunday
  • 23:11
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
母の日をお祝いできるのは、素晴らしいです。
私の母は、12年前に彼方に行きました。85歳でした。自分が母に似ている最近を感じます。
今年は、3人の若者より、お花が来ました。嬉しいでした。
  • funabashi
  • 2017/05/17 7:09 AM
mrs. funabashi
ご無沙汰で申し訳ありません。お元気のようで何より、嬉しいです。最近、いろいろなことを考え、それなのに頭がまとまらず、時間だけが足早に過ぎていきます。ちょっと、生活を変えないといけないかなとも思っています。
  • 鵺子
  • 2017/06/10 6:11 AM
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM