久保さんの本・イン・SWAN MAGAZINE

  • 2017.03.19 Sunday
  • 04:59

 

平凡社の季刊誌にSWAN MAGAZINEというのがある。

バレエファンにはお馴染みで、有吉京子さんの

連載コミック「SWAN─白鳥─」をメインメニューに、

国内外のバレエ公演の紹介や情報を掲載している。

今月発売の春号特集記事は見応え、読み応えがある。

パリ・オペラ座を中心に、各国のバレエ団を紹介しながら

「白鳥の湖」の歴史を紐解いている。

 

 

チャイコの『日本バレエを変える─コーイチ・クボの挑戦

BOOK欄で紹介されているのも嬉しい。

「電車の中で読み始めたら面白くて乗り過ごしてしまいそうになった」

とイントロで書かれている。ご掲載、ありがとうございます。

 

 

14日の火曜日、ターコさん(麻実れい)主演のお芝居

炎 アンサンディ」を三軒茶屋のシアタートラムで観た。

アンサンディはイタリア語やカタロニア語で「炎」を意味する。

 

「炎 アンサンディ」のフライヤーとプログラム

 

とある中東の国の内戦を軸に、それこそ火炎地獄のような戦争のなかで

翻弄され、引き裂かれる人々の姿を描いた作品だった。

でもこれは今も現実に世界中で起こっている人間の悲劇だ。

劇場という、閉ざされた暗い空間のなかで、それが観客に提示される。

ターコさんは、想像を絶する苦しみを生き、死んでゆく女性を演じていた。

彼女ほどの存在感のある女優でなければ、

ギリシア悲劇にも通じるこの翻訳劇は日本ではありえない。

作者はレバノン・ベイルート出身で、フランス・パリの

コリーヌ国立劇場の芸術監督を務めるワジディ・ムワワド氏だ。

 

それにしても、ターコさん演じる少女の恋人役で登場した

岡本健一さんからは強烈な印象を受けた。

ジャニーズ事務所の男闘呼組のメンバーで、

いまでは舞台を中心に役者として活躍しているが、

彼はこの作品で、小さな役も含めると9人の人物を演じていた。

芝居の後でトークイベントがあり、

岡本さんがそう話してくれたからわかったことだ。

主要な役どころを数人分、台詞もない小さな役もそこかしこで。

えっ! あれも、あれも、あれも岡本さんだったの! という感じ。

役への徹し方といい、演じ方といい、鵺子の知らぬ間に、

男闘呼組の美少年はこんな凄い役者さんになっていたのだ。

 

 

上の写真は、劇場の近くの通りで見かけた花木の蕾。

春の訪れを感じさせる白木蓮だ。

日本が戦争状態になり、戦火に包まれれば、馥郁たる香の

こんな美しい花を愛でることができなくなるのだろうなぁ……。

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 04:59
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM