2016.12.31 Saturday

今年、バレエで学んだこと

 

久保綋一さんの本『日本バレエを変える』を出し終えたら、

以前のようにレッスンに通えるようになってきた。

にやにやしながら踊っているヘンなやつ、それが鵺子なのだ。

 

踊れること、体を動かせること、それが嬉しくてたまらない。

傍目には気味悪いかもしれないが、思わず笑みがこぼれてしまう。

S先生の今年最後のvariationで「コッペリア」の友達の第1va.(こちら→)

を踊っているときも快楽物質エンドルフィンが発散されっぱなしだった。

と思いきや、斜め後ろに3回シェネをする直前、右足が大きく滑って、

車に轢かれたカエルみたいにフロアにベチャッと倒れ伏してしまった。

あれっ! と思いつつ立ち上がると、先生もクラスの皆も心配顔。

けれどエンドルフィンのせいで体のどこも痛くないから、

スッ転ぶ前のところから踊り続け、納得の完璧フィニッシュを決めた。

 

今日は大晦日。今年踊ったvatiationを振り返ってみるとしよう。

  •  久保先生の指導で発表会で有志と踊った「コッペッリア」の〈時の踊り〉
  • 「ライモンダ」第3幕のヴァリエーション
  • 「白鳥の湖」の〈大きな白鳥〉(こちら→)
  • 〈エスメラルダ〉
  • 「白鳥の湖」第3幕〈黒鳥オディール〉(こちら→)
  • 「眠りの森の美女」第3幕〈オーロラ姫〉
  •  同じく「眠り……」第1幕〈ローズアダージョ〉(こちら→)
  • 「ドン・キホーテ」第3幕〈キトリ〉
  • 「タリスマン」の〈ニリチ〉(こちら→)

 

一部にYoutubeの見本を紹介したが、むろん鵺子がこんなに上手なはずないが、

忙しい忙しいといいながら、けっこう踊っていたので我ながら驚きだ。

納得行かなかったものについてはまた来年機会があったら挑戦したい。

 

レッスンに出られるようになると、体の軸が戻って来る。

月曜ラストのクラスでT先生にいいアドバイスをいただいた。

鵺子のあばら骨を指差し、「胸骨を閉じましょう」と言うのである。

これまでに先生方からいただいた注意には、お尻を締めて、

お腹を小さく、肩甲骨を閉じて、というものがあったが、

胸骨を閉じる、という表現は初めてのような気がする。

 

「ここは意識していませんでした。もう遅いかもしれません」

と何気なく鵺子が口にすると、「遅いことはありません」とT先生。

それでレッスン中ずっと胃の上あたりのあばら骨を締めていたら、

なんと、同時にお腹もお尻も締まっているのがわかった。

体のセンターも取れて上体も知らずに引き上がっている。これはすごい!

 

レッスン終了後、T先生にアドバイスのお礼を言いに行くと、

「意識していたのがわかりましたよ。

なんでも遅いなんてことはありません」と再び言われた。

よし、レッスン以外の日常生活でも、胸骨を意識して閉じていよう!

来年は胸骨締めだ! 鵺子はそう心に誓うのであった。

(ちなみに昨年末の誓いはお尻締め、だった)

 

年末年始は山の家に来ている。

今日は久しぶりに地元の温泉に行った。

少し散歩もして冬枯れの森の木々を眺めて歩いた。

 

 

今年頑張った自分へのご褒美にカフェで花豆ソフトも食べた。

 

 

でも来年は甘い物は控えて、たくさんvariationを踊ろう!

 

 


2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
明けましておめでとうございます。
今年も鵺子さんの益々のご活躍を期待しています。
「遅い事は無い・・・」私も肝に命じますね。
前のブログで、世間は狭いとありましたが本当ですね。
歳をとると必然的に、人脈が繋がるように出来ているのでは?
と思う事がしばしばです。
ミハエルさんにはどうにか再会して、本を渡しますね。
  • akko
  • 2017/01/01 4:06 PM
本当に、T先生というのは若い方なのですが、彼から「遅いなんてことはありません」とたしなめられたときには、ハッとしました。日々努力をしている彼だからこその発言と思います。
ミハエルさんは、あの青梅のスタジオに定期的に来るのでしょうか? 休み明けに、渋谷か武蔵小杉に行ってみますね。
  • 鵺子
  • 2017/01/01 7:22 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM