2015.11.06 Friday

ポアントで踊るバレエ、いと楽し

ヌエコにはふたりの妹がいる。
 

大きい方の妹は運動神経が発達しており、
子供のころは運動会の陸上でいつも一番だった。
長じて、子育てを終えると
フィギュアスケートのレッスンを始め、
いまでは個人レッスンまで受けて磨きをかけている。
数年前からバレエにも夢中になり、
「ようやくポアントのバーレッスンを受けられるようになったの」
とますます鼻息が荒い。

 

小さい方の妹は若くして初孫が生れたばかりで
仕事もしているので超多忙な生活を送っている。


きょうだいというのは不思議なもので
配偶者はむろんのこと、子供や親よりも近い関係にある。
体を流れている血が同じ父と母から分けられたものだから、
生物学的、生理学的、血液学的に最も自分に近い存在なのだ。

 

大きい方の妹と新宿でランチをした。
ポアントを履き始めた彼女にアドバイスをしておきたかったのだ。
姉の老婆心である。

 

サブナードのバレエショップ「シルビア」で待ち合わせ、(こちら→)
ミスター・Bの女神』が置かれているのをチェックして、
ポアントや爪先保護グッズを見たりしたあと、
地下街を散策、下見して京風スパゲティ店「先斗入ル」に落ち着き、
老母の近況など、情報を交わし合った。

 

それぞれセットメニューを食べ終え
デザートを賞味しながら要件を話し始める。

 


ヌエコがいただいた抹茶ロールケーキとラズベリーシャーベット
 

「それで、どんなポアントを履いているの?」
「始めは皆、先生にお任せなの」
見せてくれたのはAvignon(アビニヨン)のものだ。
ヌエコは履いたことがない。
ヌエコの足は外反母趾がひどく、幅広なので
アメリカのGaynor Minden(ゲイナーミンデン)しかフィットしない。

 

「私は左の親指が弱くて、最初の頃は圧迫され内出血して
三回も爪が剥がれたのよ。あなたも気を付けて」
ヌエコが妹に注意をうながした。
「まだそれほどのことはしていないから大丈夫だけど……」
妹は痛そうに顔を歪めて驚いている。
「親指爪の切り方、手入れが肝心よ。私は巻き爪だから苦労してる。
経験からいうと、水平的に切って、サイドは軽く下斜めにハサミを入れ、
シューズの内側との摩擦を緩和するために上辺にヤスリをかけて丸みをつけ、
そのうえで、伸縮性のキネオシオテープを親指爪に巻き、
柔らかい高級樹脂製の親指サックでプロテクトして
それからトウパッドをつけてシューズインするのよ」

 


右手前から爪切り、サイドを切りやすいペンチ型の爪切り、ヤスリ、9僂縫ットした
キネシオテープ、骨がごつごつしている指に巻くバンドエイド、樹脂製の親指サック、
上の白い三角形のものがトウパッド。リバーシブルで間に樹脂が入っている。


「すごいプロセスね。ロシアのダンサーのレッスン動画を見ると
どの指にも白いテープを巻いていたりするし、大変よね」
「古いストッキングで爪先をガードしている人もいるらしいわよ」
ヌエコはどこかで読んだ話を思い出して口にした。

 

「とにかく、最初は先生のおっしゃるようにして、
徐々に自分の足・脚のことがわかってくるから、
そうしたらいろいろなメーカーのポアントを履いて試して、
足にあった工夫、細工、加工をするのがベストよ。
なにしろ、自分に合うポアント探しは恋人を探すより難しいのよ」

 

ポアント談義が済むと、互いに人生を愉しむこと、
老母がいつまでも自立した生活を続けてくれることを願い、姉妹は別れた。
妹は来週、ジョルジュ・ドン主演の名作映画、
デジタル・リマスター版の「愛と哀しみのボレロ」を
観に行くと言って去っていった。

 

ヌエコはその足でシルビアに戻り、
Angel R(こちら→)のヴァリエーションクラスで受ける
「ドン・キホーテ」三幕キトリ用(こちら→)の扇と、
このところ作品研究をしている「ジゼル」の全幕CDを購入。
最近、バレエ音楽を聴くのが趣味になっている。
DVDは妹が持っているものを借りた。

 




 

キトリの扇のヴァリエーションは以前やったことがあるが、
時間がたつとまた感じが違うし、忘れている部分があるので
何度も踊るべきだと思っている。

 

とにかくポアントは女子の憧れだ
でも自分の足の一部と感じるほど自然に履きこなすのは難しい。
妹くん、ガンバレ!

 

前々日、神谷町の行きつけのレストラン「Les Orange」で(こちら→)
バレエ友だちと食事をしたとき、
久しぶりに会ったTさんが今月23日の発表会で
ロシア人の先生と「ライモンダ」二幕のパ・ド・ドゥを踊るという。
すごい、みなさん、意欲的!

 

バレエはアマチュアでもそれほど自己投入させてしまう。
バレエは人生を豊かにしてくれる夢の世界なのだ。


     *     *     *


今週木曜、NBAバレエ団を訪問すると(こちら→)
「くるみ割り人形」のリハーサルが先週よりも進んでいた。
ヌエコが久保綋一・芸術監督を訪ねると
ちょうど〈雪の国〉の場面の真っ最中。
若いダンサーたちが雪の精になって踊っていた。
ポアントの脚が真っ直ぐフロアーに突き刺さっている。

 


今月二十八、二十九日の本番まであと三週間。
エールを送りたい。

 




 


2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
見るのは簡単だけど、皆さん並々ならぬ苦労を
されているのですね。
姉妹で同じ趣味、しかも姉の方が実力が上?、
羨ましい関係ですね。
  • akko
  • 2015/11/08 5:46 PM
akkoさま、こんにちは。もう年末ですね。忙しくなるでしょう? 
大きい妹と同じ趣味になると、俄然彼女に親近感が増しました。情報を共有できる嬉しさです。
  • 鵺子
  • 2015/11/08 6:23 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM