2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2015.10.31 Saturday

麻実れい(ターコ)さんのお茶会

今週もヌエコは充実していた。
 

月曜は地方・小出版流通センターの本のための
ブックフェアが始まった八重洲ブックセンターへ。
並んでいましたよ、『ミスター・Bの女神』。

 


 

チャイコの書店営業用チラシを利用して
ヌエコが手作りしたPOPがよく目立っている。

 

水曜の午前中には印刷会社に出向き、
大阪の画家から届いていたカバー絵の確認を
デザイナーと一緒に行った。
一月刊行予定『秘密の心臓』のカバー用だが、
とても素晴らしい作品に仕上がっている。
主人公の女の子を描いたその顔と目がすごくいい。

 

木曜は新所沢のNBAバレエ団に出かけた。(こちら→)
芸術監督の久保綋一さんをお尋ねしたのだが、
ちょうど「くるみ割り人形」のリハーサル中だったので、
見学させていただいた。

 


 

公演は十一月二十八日と二十九日@池袋の東京芸術劇場。
ヌエコはすでにチケット購入済みだ。
くるみ割り人形」は年越蕎麦に似ているのか、
観ないとなんだか落ち着かない。

 


 

     *     *     *    *
 

さ〜て、いよいよ土曜日、待望のお茶会。
先月、一念発起して、昔から入りたかった
麻実れい後援会の会員になって初めてのイベントだ。

 

新橋の第一ホテルアネックスB1Fの
レストラン「ラ・パランツァ」にて十一時開場。
後援会入会のご縁でメル友になった愛知県のMさんは
すでに会場にいらしていた。

 

ファンクラブやお茶会はこれが初めてだが、
同好の士の集いだから未知の人とでも話が弾む。
ターコさんを中心にひとつの世界が形成されているのだ。
皆さん、柔和で、お上品で、おっとりした感じ。
これは、ターコさんの人柄の反映なのかもしれない。

 

そのご本人は、皆がデザートを終えた頃合いにご登場。
長い黒髪を後ろ低めにひっつめて、
黒いとっくりセーターの上に、チェックのストールと
黒いコート風のウェアが一体化したような上着と黒いスパッツ風パンツ、
シューズも黒でぺったんこのブーツという出で立ちだが

それがとてもターコさんらしく、
着飾らない、静かなオシャレ感覚で、とても垢抜けている。

 

会場での写真は個人情報なのでこのブログには掲載できないが、
そのような抑え目のファッションだからこそ、
あの大きな目と大きな口元で笑顔になると
ぱぁーっと花開いたように華やいだ雰囲気を醸し出す。
ターコさんは本当に不思議な人だ。

 

そして噂にたがわず、ファンにとてもお優しい。
登場してからというもの、マイクを手にお約束の四十五分間、
ずっと立ちっぱなし、あるいは歩き回りながら話し続ける。
奥まった席でターコさんの姿を見ることができない人たちを気遣い、
そちらの方へも脚を運び、笑みを絶やさず語りかける。

 

宝塚音楽学校の入学試験では一番だったのに、
在学中に校則破りの限りを尽くし、
卒業時の成績は下から数えたほうが早かったとか。

 

デビュー当時、威勢よく舞台に飛び出そうとしたところ、
スモークのつくる水たまりに足を滑らせ転んで
「痛えーっ!」と叫んでしまって上からこっぴどく叱られたとか。

 

下級生で台詞も何もなく、黒いソフトに
黒いトレンチコートで立っているだけの役だったのに、
「それが新宿三丁目の方たちの間で評判になって、
ステキに大きなお帽子の方たちとか、皆さん、
客席にずら〜っと座って観てくださっていたのよ。
えっ? あら、三丁目じゃなくて二丁目?
あたしって、ほら、あまり遊んでないから……(微笑)」

それで会場は笑いの渦に巻き込まれたりして。

生身の本人がそこで、そばで話してくれるのだから
こんなに楽しくて幸せなことはない。

 

十二月には芸能生活四十五周年を記念するコンサート
「Applause 喝采〜人生に乾杯!〜」
銀座のヤマハホールで開催されるので、(こちら→)
その内容にも触れて期待感をいや増してくれる。
二十五〜二十七日までの四回公演になっている。

 


 

来年は二本、再来年も二本、舞台が決まっているそうで、
「だからこうなったら目指せ、五十年なのよ。
みんなも大〜変よ〜」

 

ひとしきりのトークが終わると
次はA、B、C、D、E、Fのテーブルごとに
ターコさんを中心に撮影会。
終わると一人ひとりと握手して
御自ら最新ポートレイトをプレゼントしてくださった。

 

全員との撮影が終了すると
ターコさんは登場したときと同様、颯爽とご退場。
「うたかたの恋」の夢を見ていた崇拝者たちに大きな投げキッスをして
「風と共に去りぬ」の君だったのである。



 


2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
伊藤忠グループのものですが麻美レイさんに日本が元気になるアートイベント等お願いのご相談ありご相談したいのですが ご連絡いたけますと幸甚です。

岡地慶直

  • 岡地慶直
  • 2019/08/29 4:41 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 麻実れい(ターコ)をCS2で観る
    岡地慶直
  • 麻実れい(ターコ)さんのお茶会
    岡地慶直
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM