東京タワー 〜 久しぶりのReseau Orange

  • 2015.10.16 Friday
  • 23:02


基本的に木曜をバレエなしの日にしているヌエコは

手術のことを心配してくれていたK.K.さんに会いたくて

彼女が神谷町で経営しているスペインバルに出かけた。

数ヶ月ぶりの訪問だ。

 

南青山からは骨董通りのスターバックス付近のバス停から

88番のバスに乗り、虎ノ門5丁目で下車すると

お目当ての「Reseau Orange(レゾーオランジュ)」はすぐ近く。(こちら→)

バスはぼーっと座っていれば三十分以内で到着できるので楽だけど、

その日はこれまでどおり地下鉄で出かけた。

 

ヌエコは子供のころから東京タワーが好きで、

とくにライトアップされた姿を遠くから夜景で見るとホッとする。

タワーと一緒に自分もこうしてここに在る、と思うのだ。

 

日比谷線・神谷町2番出口から通りに上がり、

飯倉片町に向かって歩き出すと、

オレンジの光を纏ったタワーがいつもどおりにスッと立っている。

何というか、富士山に出会うのと同じ安心感がある。

いつ来ても、そこに在る、無言で、在り続けている、安心感。

 

 

二分ほどすると、緑濃い植物がフロントテラスに飾られた

グリーンショップが左手に見えてくる。

その隣がK.K.さんの「Reseau Orange」。

グリーンショップは目印としてわかりやすいし、

目にも爽やかな借景になっている。

 

ドアを開けるとK.K.さんが「いらっしゃ〜い!」

と出迎えてくれる、いつもと同じ調子。

寡黙なシェフのご主人もいつもと同じ笑顔。

いつもそこに在る、いつもと同じ。

 

K.K.さんもヌエコと同じスタジオ「Angel R」通いだが(こちら→)

出るクラスの時間帯が違うし、互いに仕事の合間を縫って踊っているので、

「あら、次の先生?」「そうそう、ポアント命だから」

「もう大丈夫なの?」「前より元気よ」

などと急いで言葉を交わして更衣室ですれ違うといった塩梅。

ヌエコが手術で一ヶ月バレエご法度だったので

ここ数ヶ月は顔を見る機会もなく、

だからこそバルでゆっくり話したかった。

 

テーブル席14人、カウンター席5人ほどのお店に

いまはヌエコ以外におひとりさまが食事中。

「はい、まずは手術うまく行っておめでとう。

これ、お店からよ、スパークリングだけど大丈夫?」

席につくと、彼女はてきぱきとボトルとグラスを置いてくれる。

「ひゃー、うれしい、ありがとう」


K.K.さんの心遣いがスパークルしているワイン。
 

何気ない気配り、てきぱきさ、これが彼女の持ち味だ。
脱サラして、開店してからもう四年、女主人も板についてきた。

背が高く、脚が長く、くっきりシャープな顔立ちの美貌なため、

たまたま一緒のクラスで男の先生が彼女の前に来た瞬間に

見とれてしばしフリーズしていたのをヌエコは目撃したことがある。

先生は、となりに立っているヌエコには一顧だにせずにだ!。

 

閑話休題。
 

新メニューの一品「ズッキーニのチーズはさみ揚げ」を

めざとく見つけていたヌエコはそれをつまみに注文し、

次はお肌と骨の形成によい「かたくちイワシのマリネ」をと、

グラスを口に運びながらねちねちメニューを眺めていたら、

次々と二組のカップル客がご来店。

先のおひとりさまが帰ると次またおひとりさまが来て、

K.K.さんはにわかに忙しくなってしまった。

 


これ「ズッキーニーのチーズはさみ揚げ」、パリパリで美味。絶対おすすめ!

 

商売繁盛がなによりよ、と無言で彼女を祝福していると、

コッキリチン♪ とヌエコのLineに着信音。

「まだいる? いま三田。お腹空いた」とHさんからだ。

彼女もやはり「Angel R」組なのだ。

「まだいますよ。いま時間かかるお料理注文したところだし」

返信してからそんなに待つことなくHさんが到着し、

おひとりさまだったヌエコはおふたりさまになった。

 

あとはもう食べて飲んで食べて閉店時間すぎてもまだいて、

地下鉄六本木一丁目の最終に間に合うようにとお店を出たけれど、

肝心の最終が行ってしまった後の祭りで、

結局ふたりしてタクシーに乗り、ヌエコは表参道で下車、

Hさんはその足で家路を急いだのだった。

外は秋の小ぬか雨になっていた。

彼女は明朝出勤、遅刻しませんように。

 

ヌエコはつくづく思う。

みんなすごいなぁ、忙しいのに踊り続けて……。

あたしもまた踊れて、うれしい。
ダンサーたちに、かんぱ〜い!



 

スポンサーサイト

  • 2018.07.06 Friday
  • 23:02
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
私たちの年代、やっぱり東京タワーだよね。
と言っても身近に見ていた訳ではないけれど…。
ヌエコさんは目も治って、バレエにも復帰できて本当に良かったですね。
これからも健康一番で、お互い頑張りましょう!
  • akko
  • 2015/10/17 11:18 PM
akkoさま
お誕生日でしたね。ますます元気でね。
そうなのよ、東京タワーに愛着がありますよね。新しいのはいまいち馴染めなくて、行ってません。
いつもいつもありがとうございます。
  • 鵺子
  • 2015/10/18 12:30 AM
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

バレエ関連書籍の出版社「チャイコ」専属エディター、鵺子が仕事、バレエ、スウィーツなどについて書いています。

著者プロフィール

profilephoto

チャイコの本


NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!


アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!


一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!


神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

PR

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM