2015.09.18 Friday

ノーメイクでは歩けない: ヌエコの退屈な日々最終回


あまりにも仕事が多く、
書くこともありすぎて、
ヌエコはブログ更新を二度も怠ってしまった。
仕事が多いと他のことをするための頭の切り替えができず、
書くことがありすぎると頭のなかの整理が難しく、
筆が動かなくなってしまうのだ。

今週になって仕事も片付き、精神的余裕もでてきたので、
頭のなかもすっきりしてきた。
九月十八日と二十五日分をいま(三十日)に一気に書いている──

     *      *      *

術後一ヶ月でラジオ体操程度の運動をしても良い
と医師から言われていた。
それは九月十九日だった。
でも体がギシギシ錆ついていたので
我慢できずに十六日夜、思い切ってレッスンに出かけた。
バレエはラジオ体操よりきついからNGのはずだが……。

でも、なんともなかった。
一時間半のレッスンのあと、
脛の筋肉が張ったので十分にストレッチをしたら、
翌日は治っていた。

アイメイクも十九日から解禁だったが、
「アイメイクなしでバレエスタジオに行くのは、ちょっとね」
ヌエコにとっては裸で外を歩くようなものなのだ。
それに、アイメイクなしでは誰も彼女とは気づかないだろう。
実は、そういう経験があるのだ。

カリフォルニアのカレッジに留学していた大昔、
ヌエコはサンフランシスコに住んでいたことがある。
必須修得単位になっている救急介護の講習を市内の保健所で受けたあと、
レストランのカウンター席で食事をしていたら、
男に話しかけられ、関心をもたれ、
「ぼくのアパートに来ない?」
「いやぁ、それは」
「じゃあ、送っていくよ」
「ノーサンキュー」
「外は雨だし、タクシーもなかなか来ないよ」

と、まあ、そんなこんなで結局送ってもらい、
なにごともなくアパートのドアの前で別れた。
が、翌日、その男が、どういうわけか、
暗証番号を持っている住民でないと入れないはずの
アパートのロビーをうろうろしていたのだ。

ヌエコはハッ! とした。
「わたしを探しに来たのだわ!」
が、男は彼女の横をスーッと通り過ぎた。
ヌエコは二度ハッ! とした。
「この人は、昨夜会ったわたしに気付いてない!」
彼女はノーメイクだったのだ……。

以来、目のまわりを黒いアイシャドウとペンシルで
ぐるりと描かないと自分ではないような気がするのだ。

十八日には経堂にある行きつけのヘアサロン
Vitrine」に出かけた。(こちら→)
もちろんばっちりアイメイクをしていった。
術後十二日にはションボリノーメイクで来店した彼女が、
気持ちもメイクもいつも通りなので
店長さんも喜んでくれた。
「髪の調子もいいですよ」と褒めてくれたりもした。

帰り道、下北沢で下車し、
FBでお友だちが紹介していたCat Cafe
キャテリアム(Cateriam)」に寄ってみた。(こちら→
一時間千円ドリンク付きでネコちゃんたちと遊べる。
写真撮影もOKだ。



この写真には4匹が写っている。鍋ネコもいる。

チャイコのシンボルマークのような黒猫が三匹もいて
抱っこしてみたかったけれど、
じっと眠ったままだったり、近づくとソーッと行ってしまう。




そんな気ままさがネコたる所以なのだ。
久しぶりにネコちゃんたちのなかに身を置き、
そば茶を飲みながら読書をして、
ヌエコは幸せだった。

夜はポアントのクラスに出てみた。
大丈夫だった。
目が良く見える分、進行方向もしっかり見つめているし、
先生のお見本もはっきり脳に入ってくる。
不思議なのは、大スタジオに入ったときに
「えっ! こんなに狭かったの?」と驚いたことだ。

視界がぼんやりしていたときは
霧のなかにいるようで遠くが見えなかった。
それで距離感がなかったのだろう。
目がよく見えることは世界をはっきり認識することなのだ。
ヌエコはそれを再確認したのだった。

そして「退屈な日々」に別れを告げた。
バレエ再開の日々が始まった。



 

2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM