2015.09.11 Friday

麻実れい「夜への長い旅路」:ヌエコの退屈な日々


ブログに手術のことを書いたら、
「成功してよかったわね」「早い回復を祈っているわ」
などと友人たちが連絡をくれた。
「いずれ私もするから会って詳しく教えて」
というお願いもされたりしている。

やっぱり、持つべきものは友──

そう感じ入っている今日この頃のヌエコだ。

「4,5分で済む、痛くも痒くもない手術ですよ」

先生にそう言われていたものの、
ほかの体の部分を、全身麻酔で眠っているあいだに
やってもらうほうがどんなに安心だろう──

実は昨年秋に手術を薦められていたのに怖くて決められなかった。
それに、一ヵ月はラジオ体操みたいな運動もご法度だから
激しく筋肉を使って飛んだり跳ねたりするバレエは絶対禁止。
それも耐えられなかった。

ところが、4月になったら、もうアウト。
左だけがどんどん進行していた。
コンタクトを買い替えるために検眼してもらったら、
「もう矯正できません、左の白濁が酷くなっています」
とのご託宣だった。

バレエだけじゃない、仕事がある、どうしよう。。
左右のバランスが崩れているから
駅の階段の段差もつかめないし、
太陽光も照明光も左だけ異様に眩しい。

両目がお揃いでゆっくり濁っていくのなら
生活への支障はない。
手術はしなくてもよかったかもしれない。

概して彼女は、体の左側が弱い。
中耳炎がこじれて鼓膜が破れて以来、左の聴力が落ちた。
肩も左が凝るし、踊り過ぎの腰痛や膝痛も左に出る。
もしかして脳も左が弱いのだとしたら、
数字の計算やIQテストのスコアが悪いのもそのせいだ!?

とにかく、手術で普通の人間以上に目が見えるようになった。
街のブティックのウィンドーからは、奥の商品もよく見える。
遠くのビルの看板も、窓のなかもくっきり見える。
殺人事件が起きていたり、
社内不倫キスが行われていても目撃できるだろう。
森の木々も葉の一枚一枚がはっきり見える。



例えば山並みもこの写真よりはっきり見えている。

手術後のヌエコの目は、
風景をまんべんなく一様に捉えて写し撮るカメラのようなのだ。
見ている対象が一枚の鮮明な写真のようにガバツと見える。

面白いことに、夜の街の照明や行き交う車のライトの周りが
美しい光の輪をかぶっているように見える。
これは遠近両用レンズの副産物らしい。
今年はクリスマスのイリュミネーションが一段と輝いて見えるだろう。

     *      *      *

金曜の夜、ヌエコはターコさん(麻実れい)が出演している
お芝居「夜への長い旅路」を鑑賞した。




小屋は三軒茶屋のトラムシアターで、
小劇場ということもあり、東京の15回公演はほぼ完売状態だった。

術後一ヶ月経ってないし、手術は失敗することもあるし、
行くのはやめようかな──

と足踏みしていたら、7月の時点でとれたのは一番後列の席だった。

ターコさんをかぶりつきで見たいのになぁ。
そうだ、バードウオッチングの高画質双眼鏡を持って行こう!──

ところが、後ろの席からでも舞台のターコさんが
はっきりくっきり良く見えた。

なんという人工レンズの威力!──

作品は、ユージン・オニールの死後に発表され、
四度目のピューリッツアー賞受賞という名作で、
異常に荒んだ家族の救いようのない話。

わあ、ここまで落ちる家族って、ありかなぁ──

平々凡々な生活のヌエコは単純なアタマで
そんな風に考えながら観ていたのだが、
そもそも芝居というのは生身の俳優が、自分の解釈も入れて、
体と感情と言葉で演じるものだから、
最後の長台詞のあと、ターコさんが

「愛していた……、あのとき。」

と発したときの、その表情と声の抑揚に彼女のこの作品への、
こうあって欲しい、という思いが顕われていて、
あるいはヌエコはそう勝手に解釈して、非常に満足できた。
人間は「愛」、それがモンダイ、なのだ。

益岡徹(アル中の父親役)、田中圭(アル中の長男役)、
満島真之介(結核の次男役)の演技も
素晴らしかったことは言うまでもない。
ちなみにターコさんはモルヒネ中毒の母親役だ。

ここまでビョーキの家族は牋Δ了限爆弾瓩箸發い┐襪、
これはユージン・オニールの自伝的作品、なのだから泣かせる。

最後に嬉しい話。
シアタートラムのホールに
麻実れい後援会」の机が出ていたので、
「あのぉ、入会したいのですが……」と申し出ると、
「では、お名前とご住所をこちらに。申込書を郵送いたします」

やったぁ! 念願のファンクラブに入れる。
いままで、どうしたら入れるのかわからなかったのに、
これでお茶会にも行ける。
ターコさんがそばに来て、お話もできる!
クリスマスコンサートのチケットもとれる──

単細胞ミーハーのヌエコはたちまち舞い上がってしまった。





 

2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
鵺子様はじめましてm(__)m

以前、ターコさんの舞台の感想を検索していて、鵺子様のブログに辿り着きました。 私もバレエ好きという事もあり、それ以後時々お邪魔しておりました。
私も宝塚時代麻実れいさんのファンでした。 退団された後は離れてしまっていたのですが、昨年から、又復活しております。 ターコさんの後援会、入会なさるのですね。 私も入会したいなぁ〜 という気持ちも持ちながら、30年も離れてしまっていた申し訳なさのような意識に苛まれ勇気が出せない状態で・・・(~_~;)
今回の『夜への・・』は大阪で観劇予定なのですが、舞台観たらまた後援会に入りたい熱が高まりそうな気がします・・・
今年は10月末にお茶会があると聞いています。
もうすぐそこですね。

  • マイエルリンク
  • 2015/09/19 9:37 AM
マイエルリンクさま
連休で出かけており、PCからも遠ざかっておりました。ターコさんのファンでバレエもお好きとは、嬉しいお友だちです。仲良くしてください。
「夜への…」で後援会のかたに申込書をお願いしたのに無しのつぶてで、連絡先もわからず、しょんぼりしているところです。連絡先をご存じでしたら教えてください。
「夜への…」は大阪でご覧になるのですね。あちらではトークもありますね。
10月末お茶会は行きたいのに、会員にまだなってないから無理かもですね。12月にはコンサートがヤマハホールであるのに、それも会員優先とのこと。
ご一緒にどちらも行けるといいですね。
  • 鵺子
  • 2015/09/23 2:12 AM
マイエルリンクさま
このお名前は、「うたかたの恋」に出てくる地名ですよね。いいお名前です。「うたかた…」はYouTubeに全幕がアップされていませんが、ちょっとだけのはありますね。全幕観たいですよね。
  • 鵺子
  • 2015/09/23 2:17 AM
鵺子様。
お返事ありがとうございます。m(__)m
ブログをサラッと拝見しただけでも、私のような平凡な主婦には近寄りがたいようなインテリジェンスやキャリアをお持ちの鵺子様。 失礼とは思いながら思わすコメントさせて頂きました。

ターコさんの後援会の件ですが、私も詳細は知らないのです。 宝塚時代は東京と大阪は別々の会だったように思いますが、現在は窓口を一本化されているそうです。 以前、ネットでお知り合いになった、宝塚時代からのファンの方が、“もし入会希望でしたら、連絡先をお教えします。” と仰って下さっているので、連絡先をお聞きしてみますね。
お茶会は東京と大阪、別々に開催されるようです。

リサイタルのチケットは、後援会の方では、すでに申し込みを受け付けているようにおききしました。 私は明後日25日から梅田芸術劇場の先行抽選が始まりますので、とりあえずはそちらでチャレンジする予定です。 もし、鵺子様が梅芸の会員でいらっしゃらないのであれば、12月25日(夜)か26日(夜)なら私の方で申し込みすることが出来ます。 ただし、抽選故、必ず取れるとは限りませんが~_~;


『うたかた』素敵でしたね〜〜
3年程前に、宝塚ファン時代の友人が、ビデオに残していたものをDVDにおとして送ってくれました。 かなりボケボケの映像ですが、一様全編観ることが出来ます。 それでも、私にとっては宝物です。 差し出がましいかもしれませんが、そのような映像でよろしければ、ダビングしたDVDがありますので、差し上げること出来ます。
お声をかけてくださいませ。


長々と一方的にお話してしまい、申し訳ありません。 m(__)m
後援会の連絡先がわかりましたら、ご連絡致します。♡


マイエルリンク



  • マイエルリンク
  • 2015/09/23 1:47 PM
鵺子様。

ターコさんの後援会の連絡先がわかりました。

現在、公表はされていないようですので、 こちらのコメントに記載するのはまずいかもしれません。
鵺子様の方で、私のアドレスが提示されていれば、そちらのアドレスにご一報いただき、こちらからの返信メールに連絡先を記載する。 という形で如何でしょうか?


  • マイエルリンク
  • 2015/09/23 5:42 PM
突然のメッセージ失礼いたします。
麻実れい様の情報を検索してて、こちらにたどり着きました☆
もし差し支えなければ、後援会の情報を私もぜひ教えていただけないでしょうか?
このGWに動画でヴィトリオ様に再会して、ズッキューンと胸をつかmれてしまい、、、いろいろ検索してみても情報が得られず、思い切ってメッセージさせていただきました〜(≧∇≦)♪
miko@札幌より
  • miko
  • 2016/05/11 3:14 PM
mikoさま

ターコさんのファンでいらっしゃるとのこと、同胞のよしみで嬉しいです。 わたくしのほうでmikoさまのメルアドがわかりますので、そちらでやりとりさせていただきますね。宜しくお願いいたします。
  • 鵺子
  • 2016/05/12 11:33 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM