2015.09.04 Friday

世界がはっきり見える歓び: ヌエコの退屈な日々


五日ぶりに街を歩いて気付いたのだが、
ブランドもののブティックのディスプレイが
すっかり秋物に替わっている。

 

道行く女性たちはノースリーブ姿がほとんどだし、
病院帰りのヌエコもタンクトップに
スパッツ、巻きミニスカで真夏の装いなのに、
ウィンドウのマネキンたちは厚手のジャケットやコートで温かそうにしている。

 


いつも気になるジョニオさんの「UNDERCOVER」も茶や黒をベースにした秋一色。
 

ヌエコの白内障手術の経過は良好で、
施術を受けた専門クリニックでの診療は終了し、
今日は地元の眼科医院に戻っての診察だった。

 

多焦点レンズ、つまり遠近両用のレンズを入れたので、
眼鏡なしでなにもかも、遠くも近くも、驚くほどよく見える。

 

もともと強い近視のうえに白内障が左に強く出て異状に進み、
昨年秋ぐらいから左はぼーっとかすんだ状態で、
ほとんど右目だけで見ていたのだが、
あれは夢だったのかと思うほど術後は具合いがいい。

 

手術に関して、不安はあった、怖かった。
点眼で瞳孔を開き麻酔はするものの、感覚がなくなるのは目だけで
あとはすっかり覚醒している。
そこにメスが入って人工レンズを入れるのだから……。

 

──きっと失神するか、悲鳴をあげるか、暴れるかも。
──そして、わたしの目にメスがぐさっと刺さってしまうかも。

 

心配でたまらなかった。
でも、何事も起こらなかった。

 

「ほう、両目とも均等によく見えるようになりましたね」
主治医のK先生がにっこり笑っておっしゃった。

 

「ええ、ほんとうにうれしいです」
ヌエコは専門クリニックを紹介してくれたK先生に心底感謝している。(こちら→)

 

「傷口もすっかり治っていますよ」
「カサブタはないのですか?」
「粘膜ですからカサブタはできません」

 

間抜けた質問に一瞬戸惑い顔を見せた先生だが、
それでもにっこり笑顔で新しい点眼薬三種を処方してくれた。

 

「このレンズで三十年、四十年はもちますよ」
パソコンになにやら打ち込みながら先生がヌエコに微笑んだ。

 

「そんなにですか? 目だけ長生きしそうです」
先生が笑った。
「ほかの目の病気にならなければです。緑内障とか、黄斑変性症とか」

 

──うーむ、それは聞いたことがある。
──そうなったらそうなったときのことだ。

 

で、ヌエコは気になっていたことを口にした。
 

「先生、術後はいくら仕事をしても目の疲れを感じないのですが、
それは人工レンズだからですか?
つまり、人間が生まれ持っての水晶体は
遠近を見るたびに伸縮するから筋肉運動と同じで疲労する、
でも人工レンズは伸縮しないから疲れない、そういうことでしょうか?」

 

「人工レンズはある種のプラスチックですから、伸縮しません。
水晶体のように疲労はしません。
しかし目を使っての仕事は目の他の部分や
体も疲れますから、なんでも過剰はよくありません」
小学生を諭し教えるように先生が説明してくれた。
明快なお答えだ。

 

──まあ、とにかく、伸縮しないレンズなのだから、
PCや原稿を見ながら一点を見続けても近視になる心配はない。

 

伸縮しない人工レンズのヌエコは
自分が目だけロボットになったような気分で
そそくさとK先生の診察室をあとにしたのだった。

 

     *     *     *
 

帰宅してからの三時のおやつに
HIROTA」のシューアイスが待っていた。
チョコレート、ヨーグルト、カプチーノ、マンゴー、ラムレーズン。

 


 

地下鉄の表参道駅構内にショップがあり、
食べたいけれど持ち歩いていると溶けるからと、
いつも素通りしていたのだが、
術後初めて行きつけの美容院(こちら→)に行った帰り道、遠目からでも
HIROTA since 1924」と
冷凍ケースに書いてあるのが見えた。

 

──へえ、このメーカー、そんな古くからあったの?!
 

驚いたことに、ド近眼だったヌエコはいままでそこに
HIROTA since 1924」と
書いてあるのが見えていなかったのだ。

 

──わたしはこれまでいろいろなものを見ずに生きていた!!
──見るということは、知ることだというのに……。

 

そんな、単純で新鮮な感動から、
開眼した自分へのお祝いも籠めて
ヌエコは思わずシューアイスを買ってしまった。
店員さんはちゃんと持ち帰り用ドライアイスを入れてくれた。



 


2019.08.01 Thursday

スポンサーサイト

  • 2019.08.01 Thursday
  • -
  • 23:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ヌエコさま、視力が良くなって本当に良かったですね。
ミドリさんも緑内障の手術が成功して、9割がた視力が
戻ったと、嬉しい連絡がありました。
還暦を過ぎたのだから、壊れた部品は替えて貰って
元気に長生きしましょうね!
新しいブログのテンプレートも秋色ですね。
  • akko
  • 2015/09/08 10:39 PM
akkoさま
悪い部品は換えなくては他のところにも欠陥が出てきますからね。換えるためにも体力は必要だから、お互いますます健康維持に気を付けましょうね。
  • 鵺子
  • 2015/09/09 6:07 PM
akkoさま
緑内障も手術で治るのですか? それなら怖くないですね。失明につながると聞いていたので、心配でした。黄斑変性症もES細胞を使った治療研究が進んでいます。
  • 鵺子
  • 2015/09/09 6:58 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

(株)チャイコのHP

(株)チャイコのHP

このブログについて

出版社「チャイコ」専属エディターの鵺子が、世の中の出来事、仕事、身辺種々雑多、趣味のバレエなどについて書いています。
ページ上部の「鵺子草紙」をクリックすると、どこからでもトップページに戻ることができます。

チャイコ新刊本


セックスとドラッグ渦巻く
バレエ界を潜り抜け、
普通であることの幸せを知った
主人公ジョアンが新たな生き方を
見いだす激情と愛情の物語。
定価:1,800円(税別)
公式ショップにて発売中!

チャイコ既刊本

日本バレエを変える
─コーイチ・クボの挑戦─

NYタイムズ紙から絶賛され、
アメリカで20年踊り続けた
天才ダンサー・久保綋一の
新たな挑戦とは?
前代未聞の半生記(DVD付き)
公式ショップにて発売中!

悪の道化師
赤毛のアンセム・シリーズ

アンセムの物語、後編!
地面が崩れ、摩天楼が沈む!
不気味なテロ集団から
「スーパーバレリーナ」は
シティを救えるのか?
公式ショップにて発売中!

秘密の心臓
赤毛のアンセム・シリーズ

一度死に、鼓動600回/分の
心臓でよみがえった
バレリーナが空を飛び、
弾丸のように走り、悪と闘う!
公式ショップにて発売中!

ミスター・Bの女神
バランシン、最後の妻の告白

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神
これは二人の真実の愛の物語
日本図書館協会選定図書
公式ショップにて発売中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    鵺子
  • 熊川哲也の「第九」にブラボー!
    amber
  • 母のない子になったから
    鵺子
  • 母のない子になったから
    akko
  • 虹のかなたに逝った母
    鵺子
  • 虹のかなたに逝った母
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    鵺子
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    funabashi
  • 念願の彼岸花と、西城秀樹
    アンジェリカ
  • 漸く初校ゲラ戻して晩夏かな
    鵺子

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM